その美しさを争うかのように色づきました